にんにく玉ゴールドに即効性は期待できません

にんにく玉ゴールドに即効性を求めていませんか?裏切られる結果になりますよ。問題点をまとめてみました。

TOP PAGE ⇒ 「サプリメントの資格を得るには?」

サプリメントの資格を得るには?

サプリメント資格で単位を取得することによって資格取得できるものがあります。古くからあるサプリメントの資格には、サプリメントアドバイザーという日本ニュートリション協会の資格があります。サプリメントの資格の中でも、取得者数が最も多い資格です。この資格の単位は、添削つきの通信教育で取得します。所定の単位を取ってから、テストを受けて資格を得るに至ります。内容は、サプリメント編、ビタミン・ミネラル編、ハーブ編、薬事法・訪問販売法を含めた関連法規編、サプリメントアドバイザー実践編の五科目になります。資格を取得してからも、1年ごとに更新をします。日本ニュートリション協会のアメリカ提携校へ、短期留学をしてサプリメントについて学ぶこともできます。この他には、サプリメントコーディネイターという、通信講座と認定テストで資格を得るものもあります。通信講座では、サプリメントから摂取できる栄養に関する基礎的な事項や、活用方法、目的による使い分けを知ります。新生活普及協会は、サプリメントのテキスト3冊、法律関係1冊によるテキストを使ってサプリメント管理士の資格認定を行います。添削テストの結果によって資格を得るというものです。新生活普及協会の資格では、サプリメント管理士の上にサプリメント管理士マスターという資格があり、更に知識を深めることができます。

単位を得てから、試験に合格しなければ資格が得られないサプリメントの資格があります。健康食品管理士認定協会の健康食品管理士には、受験資格や取得資格があります。特定の国家資格の保有または準じる人であれば、科目の一部を免除する仕組みがあります。資格を得てからも、健康食品管理士は5年毎に単位を得て資格を継続させることが条件です。サプリメントアドバイザーという、日本サプリメントアドバイザー認定機構の資格があります。この資格の取得条件は、健康食品管理士より難しいとされています。講演会や通信教育の研修単位を40単位受けていること、そして日本臨床栄養協会の会員や学生会員でなければなりません。資格の更新は5年に1度行われ、その時点で継続して日本臨床栄養協会の会員でなければなりません。独立行政法人の国立健康・栄養研究所という機関が認定する栄養情報管理士も、資格取得の条件が難しいものになっています。資格を保持するには、3年ごとに資格更新に必要な12の単位を取得しなければなりません。サプリメントに関する資格は色々ありますが、取得難易度は様々です。試験資格が求められ、試験に合格しなければ得られない資格は一部の人しか取れない資格です。何の資格を取るかは、サプリメントの資格にどういった期待を寄せているかによって決まることでしょう。しっかり自分を見据えた上どのサプリメント資格をめざすのか決めましょう。

関連記事


Copyright (C) 2014 にんにく玉ゴールドに即効性は期待できません All Rights Reserved.

TOP
PAGE